企業情報

企業理念

企業理念

企業スローガン

経営理念

ジャクパの責任は、
幼稚園・保育園・こども園で行う教育とサービスが、
受けるこどもたち、そして保護者や園の顧客一人ひとりにとって、
質的に高い水準のものでなければならない。

社員行動姿勢

向上心を忘れず行動する。感謝の気持ちを持ち行動する。
何事にも関心を持ち行動する。明朗快活に行動する。

代表挨拶

将来は、
幼少期にこそ育まれる

株式会社ジャクパ 代表取締役

五十嵐 勝雄KatsuoIGARASHI

たっぷりの“愛”を、
子どもたちに。

1972年、「幼少児能力開発センター」として創業以来、私たちジャクパは「スポーツ教育」、「英会話教育」を通じて、子どもたちの健やかな成長をお手伝いしてきました。特に3~5歳の幼少期は、初めて社会に触れ、人との出会いに敏感に反応する年頃です。
それだけに私たちが大切にしているのは、子どもたち一人ひとりに、平等な愛情を傾けるということ。「いまさら」と思われるかもしれませんが、“愛”をおろそかにしては、何も生まれませんし育ちません。教育現場での経験を通じて、その大切さを痛切に実感しております。だからこそジャクパは未来へと伸びる小さな芽に恵みの水を注ぎ、その行く手に明るい光を照らすように、たっぷりの愛情を持って子どもたちの開花を支えていこうと思います。

一人ひとりに、
真正面から向き合う。

ジャクパの学びとは、単に運動能力を高めることではありません。カラダ・アタマ・ココロの“力”をバランスよく成長させることで、人間形成の一助になることをめざします。幼少期とはいえ、子どもたちには立派な自我があり、個性も性格も異なります。
子どもたちにとって、ジャクパは学びの場であるとともに社会へのデビューの場です。それだけに私たちの指導員には、運動理論に基づいた体育指導技術とともに、コミュニケーション能力、責任感といった人間力が求められます。マニュアルに縛られることなく、子どもたち一人ひとりに真正面から向き合う指導員こそは、ジャクパの大切な“人財”であり、強みです。

託される喜び。

創業から約半世紀を経て、ジャクパは全国1,100の園と契約し、年間12万人以上の子どもたちへの教育に取り組んでいます。そして今、少子化が進む中、培ってきたノウハウを結集し、園の皆さまと共に新たな時代に挑んでいこうと思います。

(Visited 225 times, 8 visits today)